事務スタッフ

スタッフ

江里口 龍史

武雄オフィス事務局長

自分もクライアントの役に立っているということを実感できます

Reason

法律事務を志望した理由

私は、大学時代は法学部に所属し、いつかは法律に携わる仕事をしたいと考えていました。
また、人と接し、人に満足いただけるような、人の役に立つ仕事に関心がありました。
法律事務所は、トラブルや悩みを抱える方と直接接する機会が多く、そのような方たちに満足いただけるリーガルサービスを提供し、問題解決のためのサポートをすることで、人の役に立てるところにやりがいを感じ、法律事務所を志望しました。

Attraction

桑原法律事務所で働く魅力

クライアントの満足のために、弁護士と事務スタッフが協力しチームとなり、弁護士と事務スタッフが近い距離で仕事ができるところです。
事務スタッフは弁護士の補助業務だけではなく、弁護士と積極的に意見交換をし、弁護士と一緒になってクライアント満足を目指すという事務所方針なので、自分もクライアントの役に立っているということを実感することができます。
また、桑原法律事務所は、九州一、日本一の法律事務所を目指す高い志を持った組織です。組織の活性化のため、一般の法律事務所ではなかなか経験できないことに挑戦する組織風土が根付いていることも魅力の一つです。

Job description

仕事内容や心掛けていることを教えてください

クライアントとの相談や打合せに弁護士と同席し、相談内容等の聞き取りをしています。他には、クライアント等との電話対応、簡単な書類の作成やチェック作業などをしています。また、裁判所等の関係機関に出向いて、書面の提出や受取り作業なども行っています。
私は、前職は住宅メーカーの営業職をしていました。法律事務所に来所されるお客様は、「法律事務所って敷居が高くて怖い」、「不安(心配)でたまらない」と思われている方が多いですが、前職でもモットーとしていた「誠実で丁寧な対応」でお客様の緊張をほぐし、相談しやすい環境づくりを心掛けています。

Rewarding

仕事のやりがいはどのような所ですか?

依頼人の満足(利益)を追求するうえで、遵守しなければならない法律や考慮すべきリスクがあるため、100%クライアントが望む結果にならないこともあります。しかし、そのような中でも、様々な視点からクライアントの利益の最大化を追求し、クライアントが満足できる結果を提供できたときにやりがいを感じます。

Work environment

事務所の雰囲気・職場環境

クライアント満足を目指し、事務スタッフといえども、全員が強い責任感を持って仕事をしています。風通しが良い職場で、弁護士・上司に対する相談や意見交換が、頻繁に行われています。

Ideal goal

今後の目標

従来の法律事務所の経営の枠組みにとらわれることなく、クライアントのニーズを探索し、企業様や個人様関係なく、クライアントに満足いただける質の高いリーガルサービスを提供していきたいです。

Message

求職者へのメッセージ

事務スタッフでも、様々な仕事を任せてもらえる環境で、法律や士業職に興味があり、人の役に立つ仕事をしたいという方には、大変やりがいある職場です。
さらに、風通しが良い環境なので、前職で培った経験やアイデアを、クライアントや事務所に生かすことができます。
大げさに聞こえるかもしれませんが、クライアントの人生の一部を背負っての執務になりますので、責任感が強い方に特に向いている仕事です。

TOP
TOP