事務スタッフ

スタッフ

三住 友李香

福岡オフィス事務局長

本人の努力次第で責任ある業務を任せてもらえます

Reason

法律事務を志望した理由/桑原法律事務所を選んだ理由

前職は、東京でIT企業にて研修講師をしていましたが、地元の九州に帰ることがきっかけで、転職活動をすることになりました。転職の条件は、「九州であること」と、新しいことをやってみたいという気持ちがあったので、「自分が全く関わってこなかった業種であること」でした。
法律、弁護士という言葉は聞いたことはあるけれど、これまで縁遠かったので志望しました。

Gap

入所前と入所後のギャップ

ありがたいことに入所してから責任ある業務を多く任せていただき、事務員も弁護士も活発に意見交換をさせてもらっていますが、それが法律事務所として一般的なことではないことに驚きました。
弁護士と事務員のチームスタイルで案件に挑む事務所が少ないことは、後々知りました。

Job description

仕事内容を教えてください

桑原法律事務所では、事件ごとに専門の事務スタッフがつくスタイルです。入所当初はまず、新人が担当することの多い借金事件を担当しました。その後、民事事件がメイン担当となり、書面の提出やお客様とのやり取りなど、いわゆる事件事務をしていました。
2014年には、福岡オフィスの開設に伴い、武雄オフィスから福岡オフィスへ転属となりました。福岡オフィスでは、オフィス事務局長としての管理業務や、すべての事件について事件事務を行っています。

Rewarding

仕事のやりがいはどのような所ですか?

お客様のために、弁護士とも積極的に意見交換ができるところです。

Work environment

事務所の雰囲気・職場環境

どんな立場の方でも、意見を出し、意見を聴き、よい意見であれば受け入れる風土があります。
意見を出す側としての責任は伴いますが、その責任を理解して活発に意見交換をしています。

Diversity

女性の働きやすさについて

男性も女性も同じようにチャンスがあり、本人の努力次第で責任ある業務を任せてもらえます。
また、産休や育休などの女性が働く環境(福利厚生)も整っています。

Attraction

桑原法律事務所で働く魅力

事務スタッフは書類を作って提出するだけの仕事ではなく、それが望まれていないことです。
スタッフそれぞれが、事件事務以外の担当業務を持っています。更に、全員が営業としての意識もあります。

Ideal goal

今後の目標

若いスタッフも多いので、各自の働き方が、後進のモデルケースになり得ます。私の場合は、女性という立場で様々な転換期があると思うので、それを桑原法律事務所で迎え、よい結果を残すことが責務だと思っています。
また、現状維持ではなく、成長することを望んでくれるので、事務所には積極的に相談し、事務所の発展に尽力していきたいです。

Message

求職者へのメッセージ

桑原法律事務所では、型にはまった事務員であることは望まれておらず、自分で自分の生き方を決めることができる事務所です。
自分がなりたい将来像を描いている方、これから描きたい方は、ぜひ一緒に働きたいです。

TOP
TOP